徒然ジャニオタ草子

セクゾ&スト掛け持ち、事務所担なりかけ。ゆるっとふわっと思ったことを。

私の #ジャニヲタセブンルール

moarh.hatenablog.jp

↑大元はこちらのあややさんのブログの記事から。

 

ジャニヲタをする上で守(ろうと思)っている7つのルールを私なりにまとめてみました。こんな考えもあるんだなーくらいでお読みいただければ幸いです。

 

 

 

①行ける時に行く

舞台はなまものです。再演は無いかもしれない。DVD化もされるとは限らない。コンサートならなおさら、同じツアーは二度とない。

それどころか、推しが明日も舞台の上にいる保証はどこにもありません。彼らの人生は彼らのものだし、彼らの望む望まざるに関わらず芸能界に立てなくなることだってあるかもしれない。

だから金銭的、時間的に余裕があるなら、「迷ったら行く」。

(ただし落選した時は潔く諦めます。私は未成年なので譲渡募集もしません。もちろん言うまでもないですが、高額転売、だめ、絶対。)

 

②お金を落とすのは可能な範囲で

お金を落とすのは大事です。売上という目に見える数字は大きな影響を与えます。コンサートの個人グッズ(うちわとかポスターとか)の売上は人気のわかりやすい指標にもなるので、私は個人グッズはなるべく買うようにしています。(そもそも自担は顔も良ければ写りがいい)

 

けれど、無理して多ステしない。シングルはともかくアルバムやDVDを無理に複数形態買おうとしない。グッズも無理してまで全部買おうとしない。雑誌も買い集めようとしない。

切り詰めて全てを捧げるのも愛の形だけれど、私はおいしいご飯を食べたり本を買ったり雑貨を買ったりもしたい。

 

③ 義務にしない

だって義務にすると疲れるからね!!!

テレビ見なきゃ、ラジオ聴かなきゃ、雑誌買わなきゃ……。「しなきゃいけない」に変わったら、それは楽しくなくなってしまいます。

 

ジャニヲタは! あくまで! 趣味!

 

そんな訳で私は未だに「ぎゅっと」の特典DVDとか4月のセクゾの特番とか見てません。でもサマパラは予約しました。だって欲しいからね!!

ちなみに上で「個人グッズはなるべく買う」と書きましたが、これはあくまで「欲しいと思ってお金もあるけれど、迷った時」のことです。ビジュアルいまいちだなーってときは見逃すこともあります。たぶん。(まだない)

 

④情報は公式を見る

ソースの分からない情報に惑わされない。とくに週刊誌ネタは(今までを見ればわかる通り)9割方デマなので信じない。

あといわゆる「スキャンダル」においても、事務所の対応が全てだと思ってます。

 

⑤アイドルも人間(プライベートとプライバシー)

これは人によって意見が別れるところの最たるものだと思いますが、私はアイドルにもプライベートとプライバシーはあると思っています。

だから極論を言えば、表できちんと「アイドル」をしてくれているのであれば、法と倫理に触れないならばプライベートで何をしていてもまあいいか、と思います。

結婚しているメンバーもいるくらいですから、ジャニーズって恋愛禁止じゃないですし。(まあ「表側」でまであからさまに匂わせるのはどうかなぁとは思いますが)

あと、「目撃情報」系も、積極的には追わないようにしています。流石にRTとかで目に入った時は読んでしまいますが。

 

⑥古参に敬意を、新規に歓迎を、オタクに思いやりを

これはもう文字通りですね!!

「古参がいなければ今はない。新規がいなければ先はない」という言葉があります。

私は、ファン歴が長ければえらいという訳では無い、と思っていますが、それはそれとして今までを支えていた古参に敬意を払いつつ、未来を支えてくれるであろう新規を歓迎する、というのは大切だと思います。

あと、全オタクに対しての思いやりを! コンサートでヒールを履かないとか、アップのヘアスタイルにしないとか、コンサートでは押さない走らない(大声で)喋らないとか、応援スタイルが違う人も(迷惑行為でなければ)尊重する、とか。

 

⑦疲れたら1歩引く

前述しましたが、ジャニヲタはあくまで趣味です。

追うのに疲れたと感じたら1歩引いてゆるゆると眺めるのも大切だと思います。

私は以前若手俳優のオタクをしていましたが、追いきれなくなってゆるゆると眺める方にシフトしました。それでも、今でも当時の推しのことは好きですし、機会があれば彼らの舞台を見たいとも思います。

 

 

以上、私が「応援しなきゃいけない」ではなく「応援したい」であり続けるために、なんとなく心がけているルールでした。